サブプライムローンが日本経済に与える問題

サブプライムローンとは、主にアメリカ合衆国において貸し付けられたローンのうち、優良顧客(プライム層)向けでないものをいいます。
報道機関ではしばしば低所得者向けローンとの説明がされ、低所得者に多額の貸し付けを行ったというニュアンスで取り上げられるが、厳密には通常の住宅ローンの審査には通らないような信用度の低い人向けのローンがサブプライムローンである。

そんな米証券大手リーマン・ブラザーズが最近事実上の倒産しました。
先週末から大手金融機関や米金融当局がリーマン買収の可能性などを議論してきたが、選挙も近く国民に刺激をしたくなく国にも見捨てられ、結局交渉が決裂。法的整理を余儀なくされた。
リーマンの負債総額は6130億ドル(63兆7500億円)で、米国で史上最大の倒産となる。

今世界では、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題に伴う金融市場の混乱で、世界の金融機関の損失が約1兆1000億ドル(約119兆円)に達するとの試算を明らかにした。このうち欧米銀行の損失は5600億〜6850億ドルにのぼるという。

サブプライムローン問題で日本に与える経済景況は少なくありません。
東京株式市場では日経平均が急反落、3月につけた年初来安値を更新し、2005年7月以来の安値水準まで下落した。米リーマンの経営破たんを受けて金融システムリスクが意識され、銀行株を中心に売りが先行している。

世界にバブルをもたらしたサブプライムローンですが、今後はどうなるのでしょう?


| 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。